こんにちは!
京都市に拠点を構え、戸建て住宅を建てる際に必要な造成工事や、下水道工事を手がけております小田建設です。
今回は、造成工事は何をする仕事なのかを解説していきます。
聞き馴染みのない造成工事という名前。
いまいちイメージがしにくいと思うので、わかりやすく説明します。
この記事を読んで興味を持った方は、是非お問い合わせください!

造成工事ってどんな仕事?

造成工事とは、「宅地造成規制法」に基づいた申請が必要な工事です。
分譲地を造成して販売するなどして、割と規模の大きい建築地を綺麗にする工事のことを表します。
個人で行うのではなく、会社単位で行う規模が大きな仕事です。
不動産業者やハウスメーカー、大型工事を専門とする業者が造成をします。
そもそも造成の意味を知っていますか?
造成とは、農地や山林を、宅地用の土地にするために変化させることです。
水底の土砂を掘削したり、水面・湿地帯の盛土を埋め立てたり、湿地や干満差のある遠浅の海を堤防で締め切り水位を下げて土地にしたりと仕事内容は様々です。
新築の工事の前に行うことが多く、分類としては土木になります。

造成の方法は4種

造成工事のおおまかな雰囲気は掴めたと思います。
更に細かく解説すると、4種類に分けることができます。

粗仕上げ

住宅などを解体したあと、瓦礫を取り除く仕事です。
人の力や重機を使って取り除きます。
会社によって仕上げの綺麗さが異なるので、事前確認が必要です。

砂利造成

粗仕上げより綺麗な造成方法です。
より綺麗に石や瓦礫を取り除き、砂利を敷き詰めます。
駐車場に最適です。

防草仕上げ

その名の通り、除草を行います。
この除草の仕上がりが雑だと、後の工事に非常に影響してきます。
見栄えが悪くなってしまうので、責任を持ってやりきることが大事です。

コンクリート・アスファルト舗装

砂利を敷き詰めた後、コンクリートやアスファルトで舗装します。
コンクリートは工期が長くなってしまい、費用も高くなりますが、寿命が長く補修回数が少なくてもすみます。
用途によって変わってくるので、選定が大事です。

造成工事は小田建設へ!

造成工事などの土木工事や擁壁工事は、小田建設にお任せを。
これまで培ってきた技術を活かした高品質の施工をご提供いたします。
土木工事のご用命・ご相談がございましたら、まずはお問い合わせください。

【求人】土木作業員募集!

造成工事なら小田建設にお任せください。
造成工事は奥が深く、やりがいがある仕事だと言えます。
京都周辺にお住まいの方は、是非弊社にお問い合わせください!
土木作業員は常時募集しておりますので、お気軽に採用情報ページからご応募ください。
最後までご覧頂きありがとうございました。


京都市伏見区で戸建て住宅の造成工事は小田建設
現在、業務拡大につき新たな土木作業員を募集中です!
〒612-8495 京都府京都市伏見区久我森の宮町7−93
TEL:075-932-8353  FAX:075-932-8355