こんにちは!京都市伏見区にて、戸建て建設前の造成工事や下水道工事、土木工事などを行ってまいりました、小田建設と申します。
弊社は、京都府京都市にて、さまざまな造成工事に携わってまいりました。
現在、造成工事や下水道工事を行っていただけるスタッフを、求人募集しております。
経験問わず、やる気のある方を積極的に採用中です。
今回は、造成工事の役割をご紹介いたします。
皆様のご参考になれば、幸いです。

変形した土地を整備する


建物の建築や、土地として整備など、もっとも効率的に活用できる土地は、四角形であることがベストです。
そのため、造成工事を行って、変形している土地を使いやすいよう、四角く整備します。
計画的な街づくりを行うため、土地の利用方法を制限する都市計画法などもあるため、それらに基づいて、工事を行うこともあります。

軟弱な地盤を補強

建物が傾かないためには、地盤を固め強固な土台にする必要があります。
田畑として使われていた土地は、地盤がスポンジのように軟弱です。
そのまま建物を建てると、地盤沈下を起こす場合があり危険です。
対策として、腐葉土などを取り除き新しい土砂を盛り土します。
他には、セメント系固化材を流し込む、あるいは、鋼杭を土地に深く打ち込んで、建物を支えるという方法がとられます。

傾斜や高低差のある土地の整備

山林などの、高低差のある土地を利用して建物を建てる場合には、土地を平坦にしなければいけません。
斜面を切り土して平坦にする、もしくは盛り土を行って、土地を平坦にする方法もあります。
宅地造成を実施するには許可が必要で、地域や区域によって、制限が設けられています。

未経験の方大歓迎です!


弊社では、造成工事や擁壁(ようへき)工事を行ってくださる方を、求人募集中です。
その他、下水道工事や土木工事なども行っております。
経験者の方は、能力に応じて給与面で、優遇いたします。
未経験の方も、先輩スタッフがついておりますので、安心して業務に取り組むことができるでしょう。
弊社で新しい挑戦を、初めてみませんか?
求職中の方や転職をお考えの方は、いつでもご応募ください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。


京都市伏見区で戸建て住宅の造成工事は小田建設
現在、業務拡大につき新たな土木作業員を募集中です!
〒612-8495 京都府京都市伏見区久我森の宮町7−93
TEL:075-932-8353  FAX:075-932-8355