こんにちは!京都府京都市伏見区を拠点に、住宅をつくるために必要な造成工事や下水道工事などの土木工事を請け負う小田建設です。
皆様は、家を建てる際に必要な宅地造成工事をご存じでしょうか?
今回は求職者の方に向けて、安心安全に暮らすための宅地造成工事の重要性についてご紹介いたします。

宅地造成工事とは

手を横に出している女性
宅地造成工事とは、宅地の建築地を整えるために行われるものです。
工事を行う際は宅地造成規制法に基づいて都道府県に申請が必要になる工事を指します。
似た言葉に、整地や更地という言葉があります。
整地は、建築物を解体後に土地を整えるための工事のことです。
不要な物を取り除き、重機で土地の締めかためを行う転圧作業があります。
更地は建物が建っていない土地を指しますが、造成は宅地にするという視点で行われるため、言葉の意味が異なるのです。
造成工事は、整地や更地と比較して基本的に大規模な建築地を扱うので、請け負うのはハウスメーカーなどが多くなります。

宅地造成工事の重要性

造成工事を行うことで、凸凹していたり軟弱な土地だったりする場所を綺麗にできるため、行わないと建物を建てる土地として最適ではない場所に建てることになります。
もし最適ではない土地に建物を建てると、倒壊する可能性も否定できません。
宅地となる土地は、四角であることが望ましいです。
もし変形した土地であれば、土地を四角に整備しながら造成します。
他にも、土地に高低差がある場合は、土地の起伏を平らにするために、切り土や盛り土を行う必要があるのです。
地盤が軟弱な場合は、盛り土に用いる土砂を工夫するなどして地盤を強化します。
このように、造成工事は建物の安全にかかわる社会貢献度の高い仕事なのです。

造成工事で社会貢献

弊社の主力業務である造成工事は、大きく社会に貢献できます。
造成工事では、土地の整備や埋め立て、地盤の改良など、人々が安全に生活できるように土地の状況に応じてさまざまな工事を行います。
人々が安心安全に暮らすための第一歩として造成工事があるので、責任が大きい分やりがいも大きいです。
住宅の安心安全を守るためには丈夫な地盤が必要であるため、造成工事は仕事に社会貢献ややりがいを求めたい人におすすめの業界といえるでしょう。

【求人】小田建設では新規スタッフを募集中!

Newjob
ただいま弊社では、土木作業員を求人募集しています。
入社後は、造成工事・下水道工事などの現場に携わっていただきます。
経験者の方には給与面で優遇いたしますが、未経験者からのご応募も大歓迎です!
未経験者の方には、ベテランスタッフが丁寧に指導いたしますので、着実にステップアップできます。
京都市で求職中の方や、やる気がある方はぜひご応募ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


京都市伏見区で戸建て住宅の造成工事は小田建設
現在、業務拡大につき新たな土木作業員を募集中です!
〒612-8495 京都府京都市伏見区久我森の宮町7−93
TEL:075-932-8353  FAX:075-932-8355